ProgresTouch RETRO TINY

Windows用のキーボードとして導入したピンク軸の ProgresTouch RETRO TINY(66キー)ですが,macOSで使うならどんな設定かな?と試行錯誤してみました.Contrlキーの位置をキーボード側で調整できるのはありがたい機能です.

macOS Windows
SW1 ON ON Left ctrl と CapsLock を交換
SW2 ON OFF Windows と Left Alt を交換
SW3 OFF ON Windows と Fn を交換
SW4 OFF OFF Windows を無効化

静音赤軸(ピンク軸)の打ち心地が最高なのですが,唯一, Metaキー として使う Alt の位置が, X の下ではなく Z の下に位置しているのが私には残念ポイントです.英語配列のキーボードのお話です.

これは M-x を多用する Emacs ユーザならではの事情で,親指を内側に折るようにして Alt 押下するので, Alt が左側に寄っていると,押下の過程でスペースキーを誤打することになるからです.

Macで普段常用している MagicKeyboard は( Metaキー として使う) Command キー が X の真下にあるので,打ち間違いは基本的に生じません.なので, MagicKeyboard に慣れた左手だと,ProgresTouch RETRO TINY のキー配置はちょっとつらいのです.

とは言っても,最終的には慣れのような気もします…

なお,テンキーレスの ProgresTouch RETRO TKL(87キー)の場合は,ちょうど ZX の間に位置するところに Alt があるので,だいぶ打ちやすいです.試したいがゆえに,結局両方買ってしまった…

どちらも大切に使っていきます.

amazon_banner_large
amazon_banner_small