Top | Wiki | Blog | Github  

Tiger ( MacOSX ) に関するTIPS

Setup (easy編)

ホームのデータやアプリケーションフォルダなどを iBackup を利用して外部ディスクに保存していることを想定して,最低限のインストール作業で環境を復元するための手順をメモします.(メモ:DarwinDir は,システム関連.Drivers は,インストーラでインストールするアプリ他.)

  1. (iBackup でアプリの設定やホームディレクトリをバックアップしておく)
  2. OSX をインストール(X11 for OSX を忘れずにチェック.不要なアプリはインストールしない.)
  3. ソフトウェアアップデート
  4. Finder でカラム等の基礎設定(フォルダを右クリックで表示設定できる.Ctrl-CapsLockも入れ替える)
  5. セキュリティの基礎設定
  6. キーボードの設定で,フルキーボードアクセスを「すべて」に変える
  7. サービスのチェックとホスト名の設定
  8. iBackup のインストール(もしくはUSBKeyから起動)
  9. REX-EX30S のドライバをインストール
  10. iBackup でデータ復元(Libraryは除く)
  11. Office2004, iWorks, ATOK の順でインストール
  12. 再起動
  13. シェルの変更 ($chsh)
  - XCode のインストール
  - MacOSX WorkShop のインストール(apt-get の発行でtex等をインストール)
  - 再起動
  - apt-get install OSX-base, apt-get install task-emacs task-tetex
  - Carbon Emacs の上書きインストール
  - StartUpSoundPrefPane のインストール
  - Subversion のインストール
  - (Dashboard KickStart のインストール)
  - MacPorts のインストール(netpbm, ImageMagick +jpeg2,wget,keychain)
  - AppleJack のインストール
  - MacFuse のインストール
  - プリンタドライバのインストール
  - 再起動

必要に応じて・・・

  - BootCamp のインストール
  - WindowsXP のインストール




===== port を使ってインストール =====

<code sh>
$ sudo port -v selfupdate

$ sudo port -d sync // FW 内では無理な場合がある
$ sudo port install netpbm boost cppunit doxygen opencv for development $ sudo port install nmap wget keychain for system $ sudo port install gnuplot wXMaxima to edit a paper </code> ===== Darwin ===== ==== X11のインストール ==== インターネットからダウンロードしたパッケージを利用しようとしたところ,インストールができず.もしかしたら,ルート権限を有効化していなかったのが原因かもしれません.けど,とりあえず正統なやり方でインストールしました. - TigerのインストールDVDを入れて,「C」を押しながらシステムを起動 - インストールダイアログで左下に「カスタマイズ」と出たら,そこでX11にチェックを入れてインストールを開始. ただ,これだと既にインストール済みの情報を上書きしてしまうため,実際にはもう少し注意が必要.おそらくダイアログの途中でX11だけにチェックを入れればよいのだと思う. ==== libjpeg ==== - tar.gz をダウンロードしてくる. - makefile_unix を Makefile にリネームしてとりあえず make - ./configure して,さらに make; make install; make install-lib でうまくいってしまう. ==== ライブラリフォルダをリストしないときに手動再設定が必要な項目 ==== 多くの設定は,iBackup が自動で復旧してくれます. - メニューバー - HHKB の設定 - Dock の中身 - システム環境設定(Witch, 起動音, Microsoftマウス(要再起動), iLid, - 各アプリケーションの設定(シイラ, Rapid Start, Egies, xPad, iGTD, Sabanowa, PDIC) - Printer の設定 - Happy Hacking Keyboard Lite2 のドライバインストール(CD-ROMが物理的に必要) - Firefox は無関係 - Sunderbird は無関係 - Vienna は無関係 - Mail.app は無関係 - iTunes, iPhoto, iCal, アドレスブック は無関係 * iGTD: Library - Application Support - iGTD * Egies: Library - Application Support - Egies * xPad: Library - Application Support - xPad * ShelfMenu: Library - Application Support - ShelfMenu * Spark: Library - Application Support - Spark * PDIC: Library - PDIC ??? * ATOK: Library - Preferences - ATOK19 * Rubisco: Library - InputManagers - Rubisco * MacFusion: Library - Preferences - org.mgorbach.macFusion.plst ==== iBackup で戻るデータ ==== - ホームディレクトリ以外をリストアする場合(アプリケーションフォルダとシステム設定) * ことえりの切り替え設定 * スタートアップ時の起動アプリケーション(ツールバーに登録しているアプリ.ただし設定はリストアされない.) * 壁紙の設定 * 拡張子に対する起動アプリの指定情報 * サイドバーのショートカット(リンク) * Dock に保存したアプリ情報 * Finder で開いたフォルダの上部に登録したアプリ * Dashboard の登録アプリ * (戻らない)キーボードショートカット情報(Ctrl-Capslock の入れ替え) * Firefox のブックマーク,アドオン ===== Tips ===== ==== Lid Closed Operation ==== 外部ディスプレイ,外部キーボード,外部マウスを利用し,MacBook Pro などを操作する方法.このとき,MacBook Pro のフタは「閉じた状態」にある. ディスプレイを閉じた状態で PowerBook G4 を使用する方法 要は,Mac がスリープ状態の時に,外部ディスプレイのケーブルを刺し,マウスかキーボードを押す.ことにより,「閉じた状態」で使用することができるようになる. - ウィンドウサイズを大きくしすぎると,内蔵液晶に映し出すときにリサイズできなくなる場合がある. - AC アダプタが刺さっていないと Lid Closed Operation に移行できない. - 常に閉じて使用していると液晶に悪影響がありそうなので,Lid Closed Operation に移行した段階で,MacBook Pro のフタは開けておくと良い(カモ). ==== ブート時発行コマンド ==== * 「Option + Command + P + R」 PRAM(Parameter RAM / Parameter Ramdom Access Memory:パラメタ RAM)および NVRAM をリセットする. * 「Option + Command + Shift + Delete」 2つ目に設定されているブートデバイスからの起動を試みる. * 「Command + S」 シングルユーザモードで起動. Mac OS X: キーボードショートカット に上記以外の起動方法がある. * 「Cを押しながら起動」 CDから起動.