Top | Wiki | Blog | Github  

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
synergy [2007/01/13 01:46]
takaxp
synergy [2007/01/13 01:53]
takaxp
ライン 1: ライン 1:
-====== Synergy ====== 
  
- 
-===== Download ===== 
- 
-[[http://​synergy2.sourceforge.net/​|Synergy]] 
- 
-ただし,intel-mac の場合にはプログラムが正しく動作しない(2007) 
- 
-===== Configure ===== 
- 
-以下の設定では,Mac をサーバとして扱うことを前提にしています. 
- 
-==== Windows ==== 
- 
-  * Synergy を起動させる. 
-  * Use another computer'​s shared keyboard and mouse (client) にある,Other Computer'​s Host Name: に,サーバのアドレス(もしくはホスト名)を入力する. 
- 
- 
-==== Linux ==== 
- 
- 
- 
- 
- 
-==== Mac ==== 
- 
-  * 適当な場所にダウンロードしたファイルを解凍し置く.(例えば,~/​Application/​Synergy) 
-  * synergy.conf を編集する. 
- 
-<code sh> 
-section: screens 
-    mbp: 
-    win: 
-end 
- 
-section: links 
-    mbp: 
-        up = win 
-    win: 
-        down = mbp 
-end 
- 
-section: aliases 
-    mbp: 
-        aaa.bbb.ccc.ddd 
-    win: 
-        aaa.bbb.ccc.eee 
-        hoge 
-end 
-</​code>​ 
- 
-エイリアスに,クライアントとして認識する端末の IP アドレス,もしくはホスト名を書き込んでおく.すると,外出先のクライアントを動かしたいときに,クライアント側で Synergy を動かせばよいだけなので,少し楽になります. 
- 
-Mac で firewall を運用している場合には,synergy 用の設定を施す必要がある. 
- 
-|  ポート名 ​ |  その他 ​ | 
-|  TCP ポート名 ​ |  24800  | 
-|  UDP ポート名 ​ |    | 
-|  説明 ​ |  Synergy ​ | 
- 
-===== Start up ===== 
-==== Win ==== 
-  * とりあえず Test で動かし,問題がなければ,Start で常駐させる. 
- 
-==== Mac ==== 
-次のコマンドで起動する 
-<​code>​ 
-synergys -c ./​synergy.conf 
-</​code>​ 
- 
-アクションスクリプトを利用してもよいが,使いたいときだけ起動させたいので,上記コマンドを .tcshrc に書き込み必要に応じて動かす. 
- 
-<​code>​ 
-alias synergy '/​path/​to/​synergys -c /​path/​to/​synergy.conf'​ 
-</​code>​