Top | Wiki | Blog | Github  

SuSE Linux

SUSE Linux 11.0

64ビットOSとして SUSE Linux 11.0 を導入しました.本当のところは,使い慣れた Vine Linux を使いたかったのですが,現時点(2008-07-18)においては64ビットに対応してないので,UbuntuかSUSEかで迷いSUSEを選択です.なんとなく,SUSEの方が好みです.

インストール

64ビット版SUSE Linux 11.0のイメージをダウンロードし,DVDに焼きます.インストール手順は非常に簡単で,ウィザードに沿っていけば問題なく終了するはずです.基本のインストールは10分くらいでしょうか.

  • インストールしたいがうまく行かない場合(VMWare Fusion でも同様)
インストール時に日本語環境を選択せず,英語のままセットアップするとうまく行く可能性があります.キーボードも英語を選択します.
  • 英語環境だとリポジトリの確認で固まる場合
日本語環境を選択肢,リポジトリの確認を通過させる.その後「戻る」で言語選択まで戻って英語環境を選択する.
こうするとリポジトリの確認が済んだ状態で英語環境のインストールを進められる.

インストールが完了し,HDDから起動できるようになったら日本語環境に変更します.

APCのUPSと組み合わせる

SUSE Linux 10.1

2006年5月11日にリリースされた SuSE Linux 10.1

最近,知り合いに勧められたのを機に使い始めました.これまでは日本語環境が強く,安定志向の Vine Linux を好んで使ってきましたが,SuSE の総合的な使いやすさは凄まじいと思います.

大学のメイン端末を WindowsXP と SuSE のデュアルブートに設定しました.以前は,Vine Linux とのデュアルブートでしたが,開発環境は別の専用端末に移植してあるので,GUI が洗練されている SuSE に変える価値が多分にあったわけです.

2006年6月9日から,openSUSE コミュニティの日本語サイトがオープンしました.

SuSE は,これからいろいろ試してみようと思います.そろそろ OS にお金を払うのもどうかなーと思っていたので,今後は,Windows でできることはとりあえずすべて SuSE でもできるように設定を変えたり,ツールを集めてみようと思います.

DVDのイメージ化

雑誌などに付属する DVD からインストールを行うとその後のアップデートでアップデートソースが DVD になります.

そこで DVD をイメージ化して HDD に置いて代用します.

# dd if=/dev/hdX of=/home/XXXX/dvd.iso

if の後ろのパスは df コマンドで DVD デバイスを調べると分かります.of の後ろはイメージの出力先とイメージ名です.

インストールソースの変更

YaST2 を使用した GUI によるパッケージ管理は,パッケージを取得するためのソースの指定が正しくされていることが前提です.インストール時に接続したサーバが正しくない URL で指定されている場合,アップデート作業に支障がでます.

接続ソースの設定

YaST2 → ソフトウェア → インストールのソースを変更する

で表示されるダイアログにおいて,接続ソースを変更できます.

最新のパッケージをとにかく集めるためには,次のソースが有効のようです.

SUSEのあらゆる機能を体験したい場合のインストール・ソース

また,外部リポジトリを指定することもできます.例えば,

ftp.gwdg.de

は,GnuCashを取得するためのリポジトリとして登録します.

登録方法は,上記のダイアログに置いて「追加(A)」をクリックし,次のような設定を施します.

設定項目 設定内容
プロトコル FTP
サーバ名 ftp.gwdg.de
ディレクトリ linux/misc/suser-crauch/10.0/
linux/misc/suser-crauch/10.1/

ソースの信頼性を忠告するダイアログが出ますが,OKをしておきます.

apt-get

やっぱりパッケージ管理はaptでしたい.という場合には,SuSE用のaptをインストールします.

まず,Installing apt4suseにあるリンクから,install-apt4suseを取得し,インストールします.

1: rpm -ivh install-apt4suse.rpm

次に,install-apt4suseを実行します.

1: install-apt4suse

基本的には以上で終了です.楽ですね.

自分の場合,SuSE 10.1向けの修正を施してもうまくスクリプトが動かなかったので,必要なrpmを直接サーバから取り寄せました.

  • apt-0.5.15cnc7-24.i586.rpm
  • apt-libs-0.5.15cnc7-24.i586.rpm

これらをインストールしてから,install-apt4suseを実行すると,自動的にソースファイルを生成してくれます.で,めでたく,

1: apt-get update ; apt-get upgrade

が打てます.GPG関係でエラーが出たら,

1: vi /etc/apt/apt.conf.d/gpg-checker.conf

を次のように編集する.

1: // GPG::Check true;
2: GPG::Check false;

BOOT OPTION

/boot/grub/grub.conf を編集すれば,起動順番をコントロールできる.

KEY WORD