Top | Wiki | Blog | Github  

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
次のリビジョン
前のリビジョン
cpp [2007/08/03 05:41]
takaxp
cpp [2016/08/22 15:37] (現在)
ライン 37: ライン 37:
 int const *a // データが保護される int const *a // データが保護される
 int* const a // アドレスが保護される int* const a // アドレスが保護される
-const int* const a // アドレスもデータも保護される+const int* const a // アドレスもデータも保護される ​int const * const a でも意味は一緒.重要なのは const の右側に何があるか.
 </​code>​ </​code>​
  
ライン 107: ライン 107:
  
 クラス設計後,このクラスを const 参照で呼び出した人が困らないように,メンバ変数を変更しないことが明らかなメンバ変数は,const メンバ関数としておけばよい. クラス設計後,このクラスを const 参照で呼び出した人が困らないように,メンバ変数を変更しないことが明らかなメンバ変数は,const メンバ関数としておけばよい.
 +
 +===== ld が文句を言うとき =====
 +
 +スタティックライブラリを利用する場合,リンク時に直接 XXX.a を指定すればOK.
 +
 +一方ダイナミックリンクを指定するときは,-lXXX とする.これは,所定の場所に,libXXX.so なるファイルが存在していることが前提となっている.-lXXX と指定しても ld が文句を言う場合は,locate コマンドで libXXX を探し,libXXX.so が存在しているかを調べる.libXXX.so.3 などとなっていたら,ln -s libXXX.so.3 libXXX.so としてシンボリックリンクを作成してあげればよい.