Nov 18, 2008

藍に浮かぶ月と金星
Tags:

Canon PowerShot G7
撮影日: 2008.11.03
モード: マニュアル
露出: 5
絞り: F8.0
焦点距離: 29.17mm
by taka

夕方、空を見上げると、ほとんど雲のない夕焼けに月と金星が輝いていました。これはチャンスとばかりに三脚を引っ張り出し、カメラを向けました。日没後や日の出前のシャッターチャンスを「ブルーモーメント」と呼ぶそうで、通常とは異なる撮影テクニックが必要です。刻々と変化する周囲の明るさに注意しながら、秒単位での露出を行うことで、深い青色や光の輝きを表現することができます。今回は5秒間シャッターを開きました。「ブルーモーメント」の作品としてはちょっとレベルが低いですが、月を綺麗に撮れたのでOKにします。

山の上では早朝のシャッターチャンスとして理解していた時間帯に「ブルーモーメント」という名称があったことを知ったのはつい最近です。世界遺産のテレビ番組で吉村和敏氏が「ブルーモーメント」を紹介していて、すばらしい写真をいくつも観ることができました。フィルムじゃなくても大丈夫なのかな?というのが心配ごとですが、自分も「ブルーモーメント」に挑戦する中で確かめて行こうと思います。ああ、デジタル一眼が欲しい。。。

Posted at 16:05 in life::photo | Edit
Edit this entry...

wikieditish message: Ready to edit this entry.
















A quick preview will be rendered here when you click "Preview" button.