Jul 26, 2011

久々に本を一気読み
Tags:

Mac で GUI アプリをしっかり作るために本を読みました。

ASIN:4861007348

お値段は約3000円で高すぎず安すぎず、ちょうどな感じ。

さまざまなレビューで言及されていますが、良本でした。

目次:

  • 第一章 パターンとはなにか
  • 第二章 アプリ設計のパターン
  • 第三章 モデルのパターン
  • 第四章 メモリ管理のパターン
  • 第五章 ビューコントローラのパターン
  • 第六章 テーブルのパターン
  • 第七章 通知のパターン
  • 第八章 ネットワークのパターン
  • 第九章 iPadへの対応

MVC モデルをしっかりと守るように気を付けて、オブジェクト同士の繋がりを意識することで、再利用可能性の高いコードを生成できることが示されています。

自分は Objective-C はまだ書けないので、C++ の頭で読んでいましたが、文法として理解していた継承や、メモリリークを防ぐために気を付けていたインスタンス生成と破棄など、やっぱり重要なんだねというところがパターンとしてしっかりと説明されていました。また、オブジェクト同士の依存関係が、いかにプログラム全体の構造を決定してしまうかについても理解することができます。

オブジェクト指向に慣れている人には非常にわかりやすく読みやすい本ですね。

全体を通じて一つのアプリケーション(RSSリーダ)を作るように構成されていて、サンプルコードはウェブから入手できます。

Cocoa アプリケーションを作る入門としてとても役に立ちました。オススメ本です。

Posted at 02:01 in | Edit | | Comment

Sep 25, 2010

Emacs 本の新刊
Tags:

とりあえず本屋で購入しました。

ASIN:4774143278

チャレンジしようと思っていた anything.el もばっちり解説されています。

私がお気に入りの org-mode も第14章に独立して解説されていて、いろんな意味でちょっとホッとしました。

twitter 用のツールも出てきたところを見ると、Emacs ってホントに万能で息が長いなと思います。

ちょくちょく読んでいこうと思います。

  • 第一章「設定に必要な最低限の Emacs Lisp の知識」
  • 第二章「初期装備に必要な知識」
  • 第三章「キーバインドについて」
  • 第四章「バッファ・ファイルを扱う」
  • 第五章「カーソル移動」
  • 第六章「入力支援」
  • 第七章「検索・置換」
  • 第八章「Emacs をもっと便利に」
  • 第九章「外部プログラム」
  • 第十章「テキスト整形/テキスト処理」
  • 第十一章「view-mode を徹底活用」
  • 第十二章「Emacs Lisp プログラミング支援」
  • 第十三章「プログラミング/文書作成支援」
  • 第十四章「org-mode 統合文書作成支援」
  • 第十五章「anything.el すべてをすべるものとその仲間たち」
  • 第十六章「anything.el プログラミング」

約400ページの充実した内容です。

□ レビュー:Emacsテクニックバイブル(あるVimmerのブログ)
http://vinarian.blogspot.com/2010/08/emacs.html

Posted at 23:26 in | Edit | | Comment

Jul 11, 2010

お気に入りの書籍紹介
Tags:

この記事は、お気に入りの書籍を紹介するための記事です。Amazon に直結しているので、クリック ⇒ 購入してください(笑、アフィリエイト的なお願い)


カテゴリ一覧

新着

ASIN:4886641822 ASIN:0194237443 ASIN:4384056052 ASIN:4797360860 ASIN:312534171X ASIN:479732743X

研究/専門書

ISBN:4844328786 ISBN:0471377392 ISBN:4563014508 ISBN:0136057187 ISBN:0136051626 ISBN:4501618701 ISBN:4789818721 ASIN:0817642951 ASIN:160198068X ASIN:0127729550

語学

ASIN:4327440841 ASIN:B0019EJWNC ISBN:4887243634 ISBN:494412418X ISBN:0521671671

自己啓発

ASIN:4042693016 ISBN:4893468294 ISBN:1432690744 ISBN:4003361318 ISBN:4478300739 ISBN:4797335866 ISBN:4759309187

効率化

ISBN:4344980395 ISBN:4822207978 ISBN:4901234439 ISBN:4576060732 ISBN:4873113075 ISBN:4796660283

プログラミング

ISBN:4798119415 ISBN:4894714515 ISBN:4894714108 ISBN:4774120391 ISBN:4798007862

その他

ASIN:4502383805 ISBN:4140811013 ASIN:475980868X ISBN:4635178129 ISBN:4062575604 ISBN:4839920168 ISBN:427000181X ISBN:4344011430 ISBN:4106101416 ISBN:4062571862

Posted at 01:22 in | Edit | | Comment

Sep 11, 2007

3時間熟睡法
Tags:

もし睡眠時間が短くて済むならば、限られた1日=24時間をもっと充実させることができるだろう。っというのはだれもが思うところですね。一方で、平均して8時間くらいは寝ないと寿命に影響がでるとか、十分な睡眠を取らず寝不足状態で仕事をしても逆効果だなど、よく聞きます。

個人的にも漠然と睡眠時間は減らしたいが、健康を害するのは嫌だと思っていたわけですが、ふらっと立ち寄った本屋で平積みにされていた「3時間熟睡法」を読んで、睡眠に対する概念が変わりました。

ISBN:4761261250

著者の大石氏は、ビジョンヨガなる熟睡を得るための運動法を開発した方だそうです。

結論を先に言ってしまうと、脳を休めて必要なホルモンが分泌されるノンレム睡眠は、入眠後最初のノンレム睡眠が最も効率が良く、朝方に訪れるノンレム睡眠は効率が悪くなる。というのが3時間熟睡法の根拠になっているポイントです。

つまり、8時間寝る=十分な睡眠。ではないということですね。そうではなく、十分な睡眠とは、質の高いノンレム睡眠+脳が情報を整理するレム睡眠の1サイクル分である。というのが結論です。3時間というのがこの1サイクル分に該当するわけです。筆者はさらに、それ以上の睡眠は無駄であり、むしろ、脳を休めすぎることで、緊張感が失われ、創造的な仕事に影響がでるとまで言っています。まじっすか。

少なくとも、「もうちょっと寝たいなぁ」という言い訳を起床時に考えるのは、全く見当違いであることがわかります。なにせ、もうちょっと寝たところで睡眠の質が向上するわけじゃないんですからね。無駄なレム睡眠を付け足しているに過ぎません。むしろ、さっさと起きて、充実した一日を過ごして脳を疲れさせることこそ、次の日の睡眠の質を向上させるという訳です。なるほどね!

何日か実践したところ、自分の場合は4時間後に起きるぞ。と決めて寝始めるとスッキリ起床でき、充実した一日になる傾向がでてきました。がんばって 3週間続けてみましょう。

# 書き忘れていましたが、睡眠の質を高めるためにビジョンヨガでリラックスして入眠に備えましょうというのが、筆者の言いたい本当のポイントなのかもしれません。

以下、要点を項目として列挙しておきます。

  • 8時間睡眠がよいという医学的根拠は存在しない。
  • 一日の睡眠時間は、3時間で必要十分である。
  • 3時間とは、ノンレム睡眠+レム睡眠の1サイクル分である。
  • 最も深い眠りは、ノンレム+レムによるサイクルの最初の周期である。
  • サイクルを繰り返すにつれ、睡眠の質が低下する。
  • ノンレム睡眠の時、脳が休息を取る。
  • レム睡眠の時、脳は休んでいない。情報を整理し、夢をみる。
  • 高効率なノンレム睡眠は、δ波の割合が50%以上の状態が長時間継続している状態である。

------

  • 体内時計のリセットは、太陽光が視交叉上核を刺激して行われる。
  • 太陽を浴びて分泌されるメラトニンは、14時間後に眠気を誘う。
  • 体内時計のリセットは、毎日同じ時間帯(1時間の幅はOK)に行うとリズムを保てる。

------

  • 起床が辛いのは、生活リズムが乱れているから。
  • 睡眠時間を延ばしても、良い健康には結びつかない。
  • ノンレム睡眠の質を向上させることが、健康に良い。
  • 睡眠時間を無駄に延ばすと、自律神経が活性化されなくなる。
  • 昼間、眠くなるのはノンレム睡眠の質が悪いから。睡眠時間不足だからではない。
  • 昼間、ぼーっとしている人は、寝不足ではない。寝過ぎである。
  • 脳を無駄に休めてはいけない。スポーツ選手が練習をサボるのと同じである。

------

  • 睡眠の効率を高めるには、起きているときに脳と体をよく使うことだ。
  • 眠りに入る前にはリラックスして、脳波をα波とθ波にしておくと、ノンレム睡眠の質が高まる。
  • 寝る前に食べると、ノンレム睡眠の質が低下する。消化に血液が使われるため。
  • 空腹に近い状態で入眠するのが良い。だめなら、熟成したお酒(焼酎など)を少量飲む。
  • 眠りに入りやすいのは、体温が下がり始める時間帯である。
  • シャワーで一時的に体温を上げてあげると、眠りに入りやすい。ただし、熱いシャワーは交感神経を刺激するので逆効果。

------

  • とにかく同じ時間に起床する。
  • 決められた時間に起床する自分をイメージする。
  • 二度寝はレム睡眠である。ノンレムが含まれないので無駄な睡眠である。
  • 起床時は、血管が収縮し、酸素量が不足している。深呼吸と軽い運動により、活性状態に近づく。

------

  • 3時間熟睡法を始めることは、禁煙を始めるのと同じ。Just Do It!
Posted at 01:07 in | Edit | | Comment

Sep 09, 2006

3週間続ければ一生が変わる (1)
Tags:

先日本屋に立ち寄ったとき、平積みされているこちらの本を見つけました。

ISBN:4759309187

いわゆる自己啓発に分類される本です。サブタイトルが「あなたを変える101の英知」となっていて、興味のあるトピックから読み進めることができるので読みやすいです。

ここまで読んだ内容で、目から鱗だったのは、

53.「日々の行動規範」をつくる

という意識改革に関するトピックです。

このトピック以外にも多く、時間の有効利用に関するものがあるのですが、このトピックでの次の文を読んだときに、深い気付きがありました。

これから24時間、わたしには今日という日しかないので、今日という日に感謝し、一分一分を賢くきちんと使うことを誓います。人生の義務をすすめ、完璧なものを遺すために、これから24時間の間に多くのことができます。これが最後の日になるかもしれないこと、心に音楽を残したまま死んだ偉人はいないことを、今日一日、けっして忘れません。

著者のロビン・シャーマ氏は、この文章を含めた「日々の行動規範」を自らに向けたメッセージとして作り、日々これを読み、最優先事項を再確認しているのだそうです。

私がこの文章を読んで得た気付きは、

  • 時間は「過ごす」ものではなく、「使う」ものである。

ということです。当たり前といえば当たり前ですが、何か行動を起こすとき、もしくは行動を起こしていないときに、時間は使うものであるということを思うと、やはり無駄にはできないな、と自分を戒めることができます。

今過ごした1時間は、本当に正しい使い方をしたのだろうか?

これから予定している1時間は、正しい使い方なのだろうか?

テレビを観ているこの時間は、正しく使われているだろうか?

本のタイトルに「3週間続ければ」と入っていますので、私もとりあえず3週間、上記の気付きを日々の生活に実践してみようと思います。

ちなみに、ロビン・シャーマ氏のウェブサイトはこちらです
http://www.robinsharma.com

Posted at 20:13 in | Edit | | Comment